早稲田大学近くの早稲田小劇場で演劇観てきました。「大学の可能性」

職場の同僚に大学生がいて
演劇をしているというので、せっかくだから舞台を観させてもらいにいきました。

f:id:welldoneh:20171118042044j:plain

(左:木村のばらさん 右:おいださん)

 

「胸キュン!GOMI拾い」は大学生とも連携取りながら活動をさせていただいております。

同僚の大学生が早稲田のサークルにも連携をとっていたので
なんのご縁かまたも早稲田ゆかりの小劇場。

 

この辺りにくるたびに大学というものがなんのか、考えさせられる。

 

学生向けの安価で量の多い飯屋、

f:id:welldoneh:20171118042152j:plain


学生のために開かれた施設、この「早稲田小劇場どらま館」もそのひとつ。

f:id:welldoneh:20171118042220j:plain

こんな風に可能性に開かれたものが本当の社会のありようなのだ、と
胸が熱くなる。

そして、それとは無縁に過ごしてしまった自分の世界線(中二病な表現( ̄▽ ̄;)を不憫に思う。

 

しかし、こうしてユネスコで学生と繋がり、大学に興味を持ち、ここに来て、大学というものを理解しようとしている。

 

お金のない子供が友達の家でゲームをしているのを応援したり、やらせてもらったりする、これもまた一つのコミットの仕方であり、それに似ている、のかな。

 

ボランティア活動は、まだ見ぬ人との出会い、も要素の一つであり、まだ見ぬ自分自身の感性を見つける、のも要素の一つなのだろう。

 

舞台、斬新な演出など盛り沢山で最高でした!
と、いうことで感想は私のメインブログにて( ̄▽ ̄)

 

ミーティング!胸キュンエピソードとは?

先日「胸キュン!GOMI拾い」のミーティングをおこないました
 
小岩にある「星乃珈琲店」にて

f:id:welldoneh:20171113114221j:plain

11月の「胸キュン!GOMI拾い㏌両国」
 
胸キュンエピソード(胸キュンしたアクション)は
 
中身の入ったミネラルウォーターをゴミとして拾った時、
そのまま入れれば重さで大きなポイントとなるところを
 
いや、中身は捨てましょう!ということでお花に水をあげた、という・・・・
 
おお、胸キュンな話。
 
天気も良く、みなさんが手を繋ぎ、ルールを遵守していたのが
印象的な回でした、というまとめ、となりました。
 
ボランティア活動が初めてだった、という男性が
「また次も来たい」
 
そう言ってくれていた、それがとても嬉しく思えます。
 

f:id:welldoneh:20171113114400j:plain

(ミーティング模様。みんなで真剣に意見出し合いました)

 
クイズマンのクイズは「初めて日本で登録された世界遺産はなに?」
という四択で、
 
法隆寺(ほうりゅうじ)でしたー(法隆寺地域の仏教建造物」文化遺産
 
「ゴミ簡単でしたね(*'▽')」と語るヤス先生。
 
(ちなみに同時に姫路城」も文化遺産として,「白神山地」「屋久」の2件が自然遺産として登録されてます)
 
聖徳太子(しょうとくたいし)が建てた、と教科書で習った
 
法隆寺五重塔(ごじゅうのとう)のてっぺんに突き出ている部分(輪を9つ串刺しにした九輪と呼ばれる)に謎の鎌が四つ刺さっている、という
謎がすごく気になります。

写真を拡大するとどれにも映っている。
法隆寺の七不思議のひとつです)
 
ということで胸キュン!GOMI拾いの活動写真も含めアップしますので少々お待ちくださいませ。

f:id:welldoneh:20171113114545j:plain

(スフレパンケーキにはちみつがかかる・・・こうして集まったりする仲間が増えていくのも良いものですね)

 
 
 

胸キュン!GOMI拾いIn両国みなさまお疲れ様でした。

みなさま、お疲れ様でした。

 

30名越えの大盛況の「胸キュン!GOMI拾い㏌両国」(*‘∀‘)

 

次回は1月6日(土)予定です。

ちなみに私も大阪で手を繋いでゴミ拾いをしてました(;´∀`)

f:id:welldoneh:20171104230722j:plain

お笑いコンビ「ウェルダン」チーム

はいグリコの看板でおなじみの道頓堀「胸キュン!GOMI拾い」のゴールテープを切る感じで(;´∀`)

f:id:welldoneh:20171104230845j:plain

 

さあ、今日は胸キュン!GOMI拾い!そして僕たちは大阪!?

f:id:welldoneh:20171104043741j:plain

(眠くて不機嫌になってるから(;´∀`)

さあ、墨田の清掃事務所の方は親切に
たくさんボランティアシール(ゴミ袋に貼ります)を発行してくれました。

 

f:id:welldoneh:20171104043736j:plain

 「墨田フリモ」という

f:id:welldoneh:20171104043826j:plain

フリーペーパーにもなにやら胸キュン!GOMI拾いが!!?( ゚Д゚)おお!

f:id:welldoneh:20171104043749j:plain

ひとつひとつが繋がり始める。
 
 
前日の深夜までいろいろ調整と準備をしてました。
打ち合わせで運営の熱意も感じて胸キュンさせていただきました。
 
 
朝まで調整準備して僕自身は
知人の関係者の結婚披露宴の余興を務めるリハーサルのために直前でどうしても調整取れず、
「ウェルダン」として早朝から大阪にいかねばなりません。
 
サブリーダーのヤスさんためにできる準備は万端に整え、あとは本番。
 
ランチ会の子供料金は僕におごらせてください<m(__)m>
 
ランチ会からの参加もオーケーです。
(集合場所に11:30に来てください)
 
さあ繋げよう、胸キュンの輪・・・輪っ!!!(いや古いな(;´∀`)

明日は「胸キュン!GOMI拾い㏌両国」

みなさまいかがおすごしでしょうか。

 

ハロウィンも終わり、もう11月です!

胸キュンすることしてみませんか!(*´ω`)

ということで

 

いよいよ明日は「胸キュン!GOMI拾い」

両国第一児童遊園(両国駅東口徒歩3分)

に集合です!

 

大学を回って協力学生を募ったり、この広報ブログが立ち上がったり、と

少しずつエンジンが温まってまいりました。

 

さあ、胸キュンはじめてみましょう!

 

で、胸キュンってなに(;´∀`)・・・・

行けばわかるさ、ありがとー(; ・`ω・´)ということで、、、、

今後ともご支援のほどよろしくお願いいたします(;´∀`)

 

法政大学に行く「祭りの前の賑わい」

六大学編、今回は「法政大学」にお邪魔いたしました

f:id:welldoneh:20171027110250j:plain

私、漫才師としてお笑い活動をしているので相方「ウェルダン福ケ迫(ふくがさこ)」(右)
と一緒に訪問。
 
市ヶ谷キャンパスにあるボランティアセンターへ。

f:id:welldoneh:20171027110237j:plain

場所を聞いたところ親切に案内してくれました。
ちょうど学園祭が近づいているので
 
校内の至る所にサークルの催しのビラが貼りまくってありにぎわっている
(お笑いサークルも(*´ω`)
 
ボラセンにはこうしてエコキャップで作った作品が展示されていたり

f:id:welldoneh:20171027110405j:plain

食堂にスリランカのメニューを置いて身近に感じるような企画がされていたり

f:id:welldoneh:20171027110431j:plain

工夫とアイデアがある。
 
推しの先生を投票する企画、など本当に大学は独創的でおもしろい。

f:id:welldoneh:20171027110349j:plain

 
学食にはハラールイスラム教徒に合法なもの)
がありそこまでグローバルで配慮されているのに驚く。
 
さらにテラス席では外堀を流れる川を眺めながらくつろげる(桜の季節はさぞ絶景だろう・・・というかあの辺、外堀なんだね(*‘∀‘)

f:id:welldoneh:20171027110316j:plain

各大学、環境への取り組みや啓発がみられる。
 
とにかくいろんなパワーに溢れる法政大学でした。
 

f:id:welldoneh:20171027110417j:plain

キャッチーなアプローチと真面目なユネスコ理念を継承する
この胸キュン!GOMI拾い、も認知されれば幸いです。
 

明治大学に行く「肝心なのは・・・」

さあ、今日はユネスコ活動広報の
六大学編と勝手に銘打ちまして
(前回はこちら・・・)
 

今回は

f:id:welldoneh:20171020205421j:plain

明治大学に行ってきました。

f:id:welldoneh:20171020205417j:plain

電車で調べながら、実際に実物をみると圧倒される
 
おお!(*´∇`*)
 
御茶ノ水駅から
楽器街を通り抜けると明治大学
 
さすが近代を象徴する建物としてガツンとした
都会の造りをしている。
(前回の早大との対比もおもしろい)
 
楽器通りもすごくて、
楽器屋がずらーっと並ぶ
 
楽器屋、楽器屋、楽器屋、ひとつ飛ばして楽器屋
(いや、面白くないよ( ̄▽ ̄;)
 
 
リバティータワーという明治大学創立120年を記念して竣工した施設。
この17階に景色が見渡せる学食があり、恒例の「学食巡り」

f:id:welldoneh:20171020205425j:plain

(写真左上がトリプルカレー)

トリプルというラーメン三玉、カレーも通常の三倍、の量でも安い
ものがあり、おお、それにしよう!と思ったけれど、
(これはまた学生と来た時に)
 
健康に気を使い「ネギトロ丼」に・・・

f:id:welldoneh:20171020205403j:plain

学食のおばちゃんというものに久しぶりに接した。いいねー。情緒があって、、、
ああ、学生は「おばちゃんいつもの!」みたいな感じで日々学生生活を送っているのだろう(ステレオタイプか( ̄▽ ̄;)
 
リバティータワー施設の荘厳さもさることながら、無数のパンフレットに
ゆるキャラ「めいじろう」までいるし(ご当地展開まで)

f:id:welldoneh:20171020205413j:plain

さらに明治大学のお茶まで発売されている・・・・
 
なんだ、もはやこれは要塞だ。
 
前回の早稲田と同じく、感動で震える
 
図書館の入り口には
 
ロダンの言葉

肝心なのは感動すること、愛すること、希望を持つこと、打ち震えること、生きること』

 
とある・・・・なんとロマンのある粋な施設なのだろう
 
(ちなみにこの言葉、調べると「そして、芸術家である以前に、人間であることだ。」と続く。深い)
 
盗撮や怪しい勧誘など、不審者いたら連絡ください、と警備強化の貼り紙もいたるところに・・・
 
お、おお、俺も下手したら不審者に思われる。
 
ドキドキする( ̄▽ ̄;)
(結構なプレッシャーよ!かなり度胸いるよ。今日はサブリーダーの早大生がいなくて一人だったからよけいに)
 
前回もそうだけど、学生以上に学生らしくしなくっちゃ。
 
前回早稲田で、びっしりワイシャツとスーツ下で行ったら
カジュアルな学生だらけの中で一番学生っぽかった(⌒-⌒; )
 
リバティー、つまり自由を理念としている明治大学、ですが、
自由を奪うものは、こうした「犯罪や事件から身を守るため」という名目のもと
世界を閉ざしてしまうことである。
 
自由とはもしかすると本当は高度であり
僕たちにはまだ早いものなのかもしれない。
 
理性が愚かさを凌駕しない限り、今後自由な世界はもっともっとなくなってしまうのではないか。
 
そういった意味で大学の理念や成果を社会と連携させようとする
社会連携課と僕たち「維新隊ユネスコクラブ」が連携することの意義もある。
 
と、いうことで
ポスター掲示とチラシを置かせてもらいました。
 
胸キュ二ストの明日はどっちだ!
 
次回の六大学編はどこになるのだろう(*´∇`*)