次回「胸キュン!GOMI拾い」は 2019年11月9日(土)新宿御苑(大木戸門)(東京都新宿区内藤町11)

Facebookもよろしくお願いします!

新宿御苑は最高?「胸キュン!GOMI拾い」2019.11レポ

さあ、隔月開催の
「胸キュン!GOMI拾いin ENGLISH@新宿御苑」の日がやってきました。

f:id:welldoneh:20191110103424j:plain

青いほうき星「シャア・ホヅミン」と司会の胸キュンガイドの「ふみ姉さん」
そのレポート!
新宿御苑」のお世辞抜きの素晴らしさ、と
こうしたボランティアイベントでなにが本当に大切か、を追求したい。
 
 
シャア・ホヅミンという男はいつも
この日が近づくとスピーチの原稿が思いつかずに焦る、そうな^^;
 
手を繋いでゴミ拾い!の要素にさらに
「英語でしゃべろう」という要素が加わり
毎回、楽しくやっておりますが
 
毎回参加するリピーターや運営、持つべきワクワク感や新鮮味、などを常に考えて反映しなくてはならない、ととりわけ 最近ビジネス書を読みまくり西野亮廣オンラインサロン で学んだことを深く考える。
 
今回は近年で一番楽しいものだった。
 
と、いうのも運営が新兵器「プロジェクター」を用いたり、

f:id:welldoneh:20191110104415j:plain

特設シアターのような仕様
会話ゲームを取り入れたり、
なにより「新宿御苑の中(有料の園内)からスタート」という新機軸を取り入れたことによる。
落ち葉を拾ったら園内から脱して街中に出られる、という二段階のゲーム性が実によかった。
 
変化があり、ワクワク感に繋がる。
今回は予約も多く社会人女性の比率が最多で、チーム数が二桁になろうか、というほどだった。
 
御苑の中の素晴らしい、庭園や綺麗な芝、
長閑な風景、歩いているだけで楽しく英語のコミュニケーションも進む。チーム内に子供がいると華やいだり、人生経験を積んだ人がいるといろいろリードしてくれたり、私のようにチームリーダー(審判)が雰囲気を作ったりする。
 
基本的には園内にゴミは少ない。
綺麗な庭園にも少しだけゴミが落ちているので(風で飛んできたりする)こうしたゴミをみんなで見つける。
落ち葉を拾い、一杯になったけれど、もっと園内を楽しみたかった我らがチームは園内を散策しながらゴミを拾った。
 
ちょこちょこ歩く「カラス」を英語で言ってみよう!だったり、僕がガンダムを好きなことを英語でしゃべったり、中国の方がいたので、中国の良さを話したり(こういう時、池上彰の番組を見ていてよかった。)
 
Fallen leaves
(落ち葉)をたくさん拾い、お天気の良い御苑を散策して我らがチームは「胸キュン!GOMI拾い」をゴールした
 
閉会式。
シャア・ホヅミンは結果発表のスピーチで
スターウォーズの映画のことを語り、
 
友人が年末まで毎日観に行く、という熱のある話をして、、、
 
「好きとは何か?を考えさせられた」
What do you like? Made me think.
 
という。
(お前俺のブログから引用したなヾ(゚д゚ll)
 
What do you like?
「あなたの好きはなんだろうか?」
 
I want someone who loves compassion.
「思いやりを愛する人であって欲しい」
 
という。
 
「オチは?」
(胸キュン!GOMI拾い司会のフミ姉さんw)
 
「ないよ!!出オチだよ!」
 
というわけで無事終わり、御苑の中に入りたい人はアフターで御苑に入れる。
 
で、もうひとつ特筆すべきは
この後のランチ会でありやはり
「ここをイベントとしてアフターの設計をする」
のがイベンターとしての理論を学べば学ぶほど大切であることがわかる。
 
たまたま休みをいただいたこともあり、
久々にアフターに参加できた。
 
そして、やはりここでの会話で
土日は籠もってゲーム!して幸せ〜な先生や、英語堪能なアヤネ先生の英語のルーツなど
個性にまつわるものが聴けるのだ。
 
やっぱり初期の「胸キュン!GOMI拾い」にあって近年失われたいたものが
ここにあった。(というか、僕自身が忙しすぎてすぐ帰っていたことにも起因する)
 
おかげでとてつもなく楽しかったし、発見があった。
帰りをご一緒した先生(先生というのは当ボランティアを主催する「維新隊ユネスコクラブ」が運営する塾「ステップアップ塾」の講師)
が純文学が好きでその話など興味深かった。(哲学に詳しい人紹介してね)
 
「僕ねー純文学の賞に応募したりしてるんすよ」
(おめーやってること無茶苦茶だな( ̄▽ ̄;)
 
結果、その先生は
「癖こそ個性。癖を無くした人が多すぎる」と深いことをいう。
 
これは
「あなたの好きとはなんなのか」に繋がる。
個性を突き詰めすぎて、自己中心的になるのはバランスの問題だが
そのエネルギーこそ、胸キュンである。
 
胸キュニスト、としての道が少しはみえただろうか・・・・。

f:id:welldoneh:20191110103806j:plain

では、また次回お会いしましょう!(次回は、来年か・・・おそらく年末には忘年会やなんやらもあるだろう。また追って告知します)
 
主催「維新隊ユネスコクラブ」
後援「ステップアップ塾」
 
 
 
 
 
 

「胸キュン!GOMI拾い ㏌ English@新宿御苑」夏の想い出。

さあ、涼しい季節がやってきて

f:id:welldoneh:20190917113013j:plain

「胸キュン!GOMI拾い」も過ごしやすくなりました、が
雨模様の天気(゚Д゚;)
朝早くから急いで支度をして
参加してきました(ひげを剃るのも忘れて・・・)
 
隔月開催にも関わらず
次回に活かせないまま毎回反省するのだけれど、
 
みんなに会うことで、安心できるなにかがある。
 
ただ、あまりに近年は忙しく、
参加はしているが疎遠になってはいないか、とちょっと考えなくてはいけない。
 
 
まず、今回驚いたのは
・子供たちの成長
 
身体が本当に大きくなり、私と身長ほぼ変わらない・・・
ええ!!中学2年?(゚Д゚;)
 
数年前から携わっているので、成長の早さに驚く
(乱暴な部分があるところは相変わらず成長してない(;'∀')俺はそこ成長してるからな(;゚Д゚)
 
いきなりキャプテン(各チームを引っ張りルールに沿ってゴールに導く係)
に選ばれていたので
 
何の用意もしていなかったけれど
4人のチームメイトにいろいろ質問してみると、
 
あれ?子供?
え!大人!?
 
若くみえる女性も大きな男子も、もはや学生か社会人か、もう区別がつかない。
本当に聞くまでわからないものだ。
 
さらに各人、
夏は勉強していた、というから
 
ドラゴン桜にハマっている私にはとても興味深かった。
 
中には大学院で生物の研究をしている参加者がいて
 
「MEMORY OF SUMMER」
夏の想い出として
 
それに没頭できたのが幸せだった、というのだ。
 
すごい・・・。勉強もここまでくると幸せなのか。
 
「IN ENGLISH」なので
英語で夏の想い出をみんなで話できるようにする、というのがミッションの一つなのだけれど、
 
全員クリア
 
・みんなそれぞれに勉強している
 
ということに驚いた。
街中のゴミをみんな一生懸命拾ってくれて感謝。
 
閉会式のシャア・ホヅミンが
ノープラン、とういことで

f:id:welldoneh:20190917113155j:plain

ネタをやって、それを英訳していた。
(おお、これでいいんだ!いや、ネタってキャラを崩してまたダメ出しされるぞ(゚Д゚;)
 
シンプルに時事関連のことがらを英訳して語れば良いものを
どうしても浮足立ってしまっているようだ。
 
無事に終わったのだけれど、
 
まだまだ
参加者の目線で、歩行者の目線で、
何をどう向かわせればより良いものになるかはまだまだ探求の余地が多い。
 
時間がなかったけれど、あえて
ボランティア終了後に
 
新宿御苑の中に入らせてもらい
 
植物を保護している大温室を見て回った。
やはり、このアフターの存在がとても大切で
 
ずーっと植物園に行きたいと思っていたので大満足だった。
(見ていられる時間は30分もなかったのであれですが(;´∀`)
 
新宿御苑のアフターは良い
(大温室などはまだまだその一部である)
 
なぜ英語であるのかの説明もドラゴン桜やビジネス書を読み込んでいる
私としては説明できるはずだったのだけれど、なんだかうまくまとまらなかった。
 
子供は成長し、運営スタッフも努力と工夫で進化している、
さらに参加者に魅力と楽しさを持ってもらうために、大きな知恵が必要だろう。
 
と、いうことで
次回は11月9日第二土曜日です!(朝9:30新宿御苑 大木戸門集合)
 

雲間に煌くほうき星、新宿御苑に「胸キュン!GOMI拾い」、立つ!

f:id:welldoneh:20190724121454j:plain

ヤツだ、青いほうき星のシャア・ホヅミンだ!(゚Д゚;)
7月13日(土曜)雨が続く週に
午前だけ晴れるという予報の中で

f:id:welldoneh:20190724121424j:plain

ゴーヤのオモシロTシャツ着てる方いました「ゴーヤだからさ!」
胸キュン!GOMI拾いが開催された。
(胸キュン!GOMI拾いとはチーム制の手を繋いで行うゴミ拾い)

f:id:welldoneh:20190724121520j:plain

f:id:welldoneh:20190724121513j:plain

全員が特別に腕章をつけ許可を受けての入場


新宿御苑の中からスタートというので
作業用腕章をお借りして
スペシャル感満載の中、続々と人が集まる。
 
晴れ渡る空の下、緑の中でゴミ拾い、
迷子になりかけた子供を探す、という特別ミッションが発生したチームもあり胸キュンアクションで心温まる活動となった、ように思える(^◇^;)私は風邪だったのもあり、休憩しながら作業させてもらいました。
 
運営チームは、みんなを待つ間、雑務をしていたのだけれど、このみんながやれる雑務が残っていることにすごく感謝した。
 
これにより一つにまとまりながら互いを知ることができ、男前が缶コーヒーの差し入れをしてくれたりしてくれた。(社会人と学生、子供、が参加しているがこういうところを教えられるのが大人だね)
 
私も長いことこの活動に従事して、しばらく会えなくなった人、毎回顔を合わす人、といるが、
 
ああ、あの人に会える、顔を合わすのが楽しい、とワクワクしてくれるような存在になりたい、そう思って生きている。

f:id:welldoneh:20190724121506j:plain

閉会式にはあの「青いほうき星」シャア・ホヅミンも登場。(彼も風邪をひいていて声がギリギリだった( ̄▽ ̄;)
 
一週間前から声が突然出なくなってしまい、本番までに回復するかすごく心配していたが、なんとか切り抜けた・・・
 
雑務中にシャアの話題になり、
コナンの方でシャアの声優池田秀一さんを知り、そこからシャアを知っていったという・・・・
 
これが、若さか・・・・
 
いろんな入り口があるものだ。
 
仕事で忙しくてすぐに立たねばならなかったが、ゆっくり新宿御苑を散策していく参加者を見送り、日常に戻った。
 
今後とも皆さんの力が必要です。
 
また、次回お会いしましょう!

f:id:welldoneh:20190724121441j:plain

 
 
 
 
 

次回の「胸キュン!GOMI拾い ㏌ English」がすごいことになっている?!

と、いうことですっかりご無沙汰しております!
 
がいろんな計画が進行しておりまして
 
いよいよ次回の胸キュン!GOMI拾いは新宿御苑の中に入ることができます。
(胸キュン!GOMI拾いとは手を繋いでチーム制のゴミ拾いをするイベントで、手を繋いだ距離で世界一周を目標にしております)
事前予約制となるので予約と「身分証」の提示が必要になってしまいます。
新宿御苑との連携もあるのですみませんがお願いします<(_ _)>)
 
で、なんと海外の方だけでもパンクするくらいの応募者が殺到しており
 
「イングリッシュ」がまさにとんでもない勢いで迫ってきているわけであります(;・∀・)
 
こりゃあ、コミュニケーションの猛特訓になるね。
 
こうなると参加者の満足度やケア、いろんな面でそう簡単には行き届かない面が出てくる。
しかし、またそこに手を差し伸べてくださる大手企業様がおりまして
 
スタッフの補強もある、という。
 
うーむ、どうなるのだろう。
わかりませんが、とりあえず報告がてらに、次回の告知でございました
 
7月13日(土)9時より新宿御苑
「胸キュン!GOMI拾い IN ENGLISH」
よかったら温かい目で見守ってくださいませ。

レポート「胸キュン!GOMI拾い in English at 新宿御苑」2019年5月

さぁ、5月11日、隔月第二土曜日開催の「胸キュン!GOMI拾い」
今回から新宿御苑となり
 
超晴天の中、
たくさんの参加者に恵まれました。

f:id:welldoneh:20190515130021j:plain

御苑内からの緑の香りが鼻を突き
リフレッシュにはもってこいのイベントとなりました。
 
胸キュン!GOMI拾い in English
というわけでここのところ教育の意味も込めて英語での活動になりましたが、
 
今回は少し英語の縛りを緩くして
できる範囲で英語で行こう!という優しい感じになりました(;´∀`)
 
 
腕の長さを計り、
開会式でのルール説明。by「胸キュン!ガイドのふみ姉さん」
胸キュン!GOMI拾いは手を繋いでゴミを拾うチーム対抗ゴミ拾い
 
「クイズマンのクイズ」はお休みで「英語で答える胸キュン!ミッション」
「好きな季節とその理由」を簡単でいいので英語で言えるかな、というもの。
 
軍手をはめて手を繋ぎ、トングを構えて、
 
レッツ、胸キュン!GOMI拾い!
 
実際に拾い始めて歩行者の方たちとすれ違うと
海外の方が結構多く、普通に挨拶「英語」が不自然でなくなる・・・おお、グローバル(゚Д゚;)
 
毎回、ちびっこの活躍が目覚ましく、はりきってトングを扱う様は胸キュン!なのかもしれない。
 
今回はまだ調整中で新宿御苑の中には入れないが、
新宿のバルト9やFOREVER21など
名だたる施設が林立している。
 
一緒にゴールしてくれませんか?とお願いすると親切なご年配の方々が手を繋いでくれて
 
我らがチームは3人増えてゴールテープを切ることができた。
 
子供からご年配の方、幅広く手を繋ぎ、心を繋げる活動になるのかもしれない。
 

f:id:welldoneh:20190515131342j:plain

閉会式 シャア・ホヅミンとメイ先生
閉会式では胸キュンエピソード、
謎の男、青いほうき星の「シャア・ホヅミン」の登場もあり(;´∀`)
無事終了いたしました。
 

f:id:welldoneh:20190515130602j:plain

ただいま私、ウェルダン穂積も
イベントやエンターテイメント、サービスなどの神髄はなんなのか、研究している真っ最中であり
たくさんのアイデアがまだまだ必要なこの「胸キュン!GOMI拾い」
 
これからも、胸キュンするぞー!(/・ω・)/
 
、ということで次回もよろしくお願いいたします。
(次回は7月13日第二土曜日新宿御苑9:00~)
 
 
夜には僕が働く居酒屋「串屋横丁 両国東口店」にもお客さんとして来てくれたりして
感激しました(*´ω`)ありがとうございます。

ついに新宿御苑へ!「胸キュン!GOMI拾い IN ENGLISH」新宿御苑編

お疲れ様でした!

f:id:welldoneh:20190513123253j:plain

シャア・ホヅミンと新宿御苑
ということで今回、準備段階にあり
新宿御苑でやることへの複雑な経緯もあり
告知があまりできませんでしたが
 
ついに舞台は「新宿御苑」へ移る
 
今後、場所は「新宿御苑」固定となる。
 
まずは久々の更新なので
お疲れ様とご挨拶(''◇'')ゞから。
 
奇数月の第二土曜日
 
次回は「7月13(土)」(新宿御苑)予定
今回のレポートと今後の続報お届けしますので少々お待ちを!

f:id:welldoneh:20190513123330j:plain

ウェルダン穂積(左)と胸キュン!ガイドの「ふみ姉さん」(右)

新年最初の「胸キュン!GOMI拾い」ガンダムは大事なコミュニケーションツール?

f:id:welldoneh:20190119095002j:plain

(友人のシャア・ホヅミンも来てくれましたw)


f:id:welldoneh:20190119094933j:plain


さあ、新年最初の
「胸キュン!GOMI拾い」   (2019年1月12日土曜)
 
凍てつく寒さの中集まってくれた有志の方達。
 
子供達も参加して、楽しくゴミ拾い。
例のごとく、英会話でのコミュニケーションを楽しむという
ルールなので、頑張ってきました(゚o゚;;
 
手を繋ぐことに抵抗があるのか、怯えるように繋いでいた子供が
「しっかり繋がなきゃだめだよ」
と握り返してくれたり、子供の心というのは不思議。
 
どこで覚えたんだ、という言葉もたくさん使うけれど
 
ガンダム鉄血のオルフェンズの「お前ら、止まるんじゃねえぞ」
 
を女の子が知っているからおもしろい( ̄▽ ̄;)
 
いやはや情操教育ですなーσ^_^;
 
しゅんしゅんクリニックP」とかいう単語も出てくるから
情報に追いつかないと若者においてかれるよ
 
もはや英単語じゃないし(゚Д゚;)
 
 
 
冬の枯れ木と落ち葉で寂しい景色もまた風情がある。
 
「おーイノシシの牙じゃん!」と枯れ木を拾う少年。
 
英語でワイルドボア(WILD BOAR@野生の猪)
というそうで・・・
 
うーん、子供の荒々しくもみずみずしい心の不思議とガンダム知ってて驚いた、のが印象的でした。
 
ランチでは
ちょっとユネスコの理念や難しい話になり・・・
 
武道とスポーツ、
シンギュラリティという言葉が飛んでいた
 
すかさず、
「シンギュラリティ・・・・特異点、ですね( ˘ω˘ )」
(いやーーおめーそれ最近の映画ガンダムNTで初めて知った言葉じゃねえか( ゚Д゚)
ユニコーンガンダムは危険な存在としてシンギュラリティワン=技術的特異点と認識される)
 
ということで役立つガンダム知識でした(;´∀`)
 
 
きてくださってる方の熱意には頭が下がりますし、スケジュールに追われてなぁなぁになりつつある反省や、ワクワクする企画を考えていた頃のことを思い出したりして、
さぁ、どこへどう向かうべきなのか?
と思案したく思います。