明治大学に行く「肝心なのは・・・」

さあ、今日はユネスコ活動広報の
六大学編と勝手に銘打ちまして
(前回はこちら・・・)
 

今回は

f:id:welldoneh:20171020205421j:plain

明治大学に行ってきました。

f:id:welldoneh:20171020205417j:plain

電車で調べながら、実際に実物をみると圧倒される
 
おお!(*´∇`*)
 
御茶ノ水駅から
楽器街を通り抜けると明治大学
 
さすが近代を象徴する建物としてガツンとした
都会の造りをしている。
(前回の早大との対比もおもしろい)
 
楽器通りもすごくて、
楽器屋がずらーっと並ぶ
 
楽器屋、楽器屋、楽器屋、ひとつ飛ばして楽器屋
(いや、面白くないよ( ̄▽ ̄;)
 
 
リバティータワーという明治大学創立120年を記念して竣工した施設。
この17階に景色が見渡せる学食があり、恒例の「学食巡り」

f:id:welldoneh:20171020205425j:plain

(写真左上がトリプルカレー)

トリプルというラーメン三玉、カレーも通常の三倍、の量でも安い
ものがあり、おお、それにしよう!と思ったけれど、
(これはまた学生と来た時に)
 
健康に気を使い「ネギトロ丼」に・・・

f:id:welldoneh:20171020205403j:plain

学食のおばちゃんというものに久しぶりに接した。いいねー。情緒があって、、、
ああ、学生は「おばちゃんいつもの!」みたいな感じで日々学生生活を送っているのだろう(ステレオタイプか( ̄▽ ̄;)
 
リバティータワー施設の荘厳さもさることながら、無数のパンフレットに
ゆるキャラ「めいじろう」までいるし(ご当地展開まで)

f:id:welldoneh:20171020205413j:plain

さらに明治大学のお茶まで発売されている・・・・
 
なんだ、もはやこれは要塞だ。
 
前回の早稲田と同じく、感動で震える
 
図書館の入り口には
 
ロダンの言葉

肝心なのは感動すること、愛すること、希望を持つこと、打ち震えること、生きること』

 
とある・・・・なんとロマンのある粋な施設なのだろう
 
(ちなみにこの言葉、調べると「そして、芸術家である以前に、人間であることだ。」と続く。深い)
 
盗撮や怪しい勧誘など、不審者いたら連絡ください、と警備強化の貼り紙もいたるところに・・・
 
お、おお、俺も下手したら不審者に思われる。
 
ドキドキする( ̄▽ ̄;)
(結構なプレッシャーよ!かなり度胸いるよ。今日はサブリーダーの早大生がいなくて一人だったからよけいに)
 
前回もそうだけど、学生以上に学生らしくしなくっちゃ。
 
前回早稲田で、びっしりワイシャツとスーツ下で行ったら
カジュアルな学生だらけの中で一番学生っぽかった(⌒-⌒; )
 
リバティー、つまり自由を理念としている明治大学、ですが、
自由を奪うものは、こうした「犯罪や事件から身を守るため」という名目のもと
世界を閉ざしてしまうことである。
 
自由とはもしかすると本当は高度であり
僕たちにはまだ早いものなのかもしれない。
 
理性が愚かさを凌駕しない限り、今後自由な世界はもっともっとなくなってしまうのではないか。
 
そういった意味で大学の理念や成果を社会と連携させようとする
社会連携課と僕たち「維新隊ユネスコクラブ」が連携することの意義もある。
 
と、いうことで
ポスター掲示とチラシを置かせてもらいました。
 
胸キュ二ストの明日はどっちだ!
 
次回の六大学編はどこになるのだろう(*´∇`*)
 
 
 
 

早稲田大学に触れて僕は涙を禁じえなかった「一歩との出会い」

と、言っても泣いたわけではないですが(;´∀`)
 
泣くほどの感動を、心を揺さぶられました。
 
なにか、というと
胸キュン!GOMI拾いプロジェクトを拡充していく活動の中、

f:id:welldoneh:20171013003119j:plain

早稲田大学に連携を求めるために平山郁夫ボランティアセンターという早稲田の施設に訪問しました。
 
そこでいかに早稲田大学が大きく潤沢で
恵まれた地盤を持っているか、に触れたとき
 
そんなものに掠(かす)ることすらなかった自分の貧しさを寂しく思うとともに
恵まれた若者を受け入れる先人の遺産に感動したのだ(*‘∀‘)
 
ああ、すべての国民にこんな施設が開かれていたら人はいくらでも自分の可能性を信じられるだろう。
生きていること、生きてきた先人たちを信じられるだろう。
 
さて、
平山郁夫(ひらやまいくお)さんって誰だっけ?なんかすごく聞き覚えがある、と思って
待ち合わせの待ち時間調べていた。
 
どうやらテレ東の「美の巨人たち」で美術家として知っていたのだろう。
この方、奇遇にもユネスコの親善大使をしていたこともあり、行動の人であり、
とても親近感がわきました。

f:id:welldoneh:20171013003108j:plain

(まさに一歩踏み出したのでした)

 
そしてボランティアセンターの中に入り、
今後の指針のアドバイスを受け、ポスターの掲示とチラシを置くことのお願いをしてまいりました。
 
サブリーダーのヤスさん(やっさん):写真右 は早大生なので
顔見知りの学生との出会いもあり、まあ、いろいろと奇遇なこと尽くしでした(*´ω`)
 
「批判的な視点を忘れない」というこのセンターの助教授の言葉が印象的。

f:id:welldoneh:20171013003112j:plain

やっさんと一緒に学食でラーメンを食べ、語り合いました。

f:id:welldoneh:20171013003144j:plain

(こんな感じです食堂)

こうして僕がここにいることそのものがあり得なかった出会いであり、こうした活動を通じて得られる大きなものの一つです。

 
課題も今後多く、解決策もまだ試行錯誤の状態。
 
今後とも活動に参加してくれる方、協力してくれる方、常に出会っていければ幸いです。
 
さあ、胸キュン!の道の明日はどっちだ!!(*'▽')

 

f:id:welldoneh:20171013003158j:plain

もう資料のパンフひとつとっても良くできていて、驚愕( ゚Д゚)

ブログ開設!「さあ、胸キュン!GOMI拾い㏌両国へGO!」

11月4日(土)の回に向けていろいろ動いております(*‘∀‘)

 

先日は両国にあるカフェ?茶屋?で

f:id:welldoneh:20170930100301j:plain

カフェ会議。

f:id:welldoneh:20170930100306j:plain

さあ、こちら両国の駅のホームからは相撲でおなじみ「両国国技館」、
江戸東京博物館」も一緒に望むことができます。
 
 
そもそも胸キュン!GOMI拾いがなんなのかは、くわしく少しずつ解説するとして
置いておきます。(置くんかい( ゚Д゚)
 
とにもかくにも、楽しくやっていかなきゃいけないので、
 
こうして楽しくカフェを発掘しています。
 
お団子!に感激。こんな笹の葉に乗った団子・・・まさに両国らしい。

f:id:welldoneh:20170930100250j:plain

団子をつまみながら
イデアを出し合い、すごーくプロジェクトが進んだ気がする(*´ω`)
(気がするだけでこの先が大事なのですが・・・)

f:id:welldoneh:20170930100257j:plain

(名前も国技堂(*´ω`)
 
まずは自己紹介
プロジェクトリーダーが私「ウェルダン穂積」(左)でございます。

f:id:welldoneh:20170930100243j:plain

当ブログのメインライターでもございますので以後お見知りおきを<m(__)m>
ブログで人となりがわかるかと・・・。

そして

サブリーダーが維新隊ユネスコクラブが運営する子供たちのための「ステップアップ塾」の
講師でもあります
「ヤス先生」(僕はやっさんと呼ばせていただいております)
 
勢い余って鉄道好きのやっさんと一緒に
秋葉原で「電車でGO!」をやらせてもらいに行きました。

f:id:welldoneh:20170930100401j:plain

これ、リアルに電車の運転を再現したゲームなんですが
椅子がガタンゴトンと振動するのにすんごく驚きました。
 
そんな感じでプロジェクト順調?に進んでおります、応援していただけると幸いであります。
 
参加、運営協力者など随時募集中、では
胸キュン!GOMI拾い、もしくはこちらの運営ブログで、お会いしましょう!
 
読者登録ブックマークよろしくです!
 
運営:維新隊ユネスコクラブ